【ミシン初心者さん向け】上糸のかけ方【ソーイングの基礎】

ソーイングの基礎
この記事は約2分で読めます。

今日はミシンを始める前の準備、とっても大事な基本の糸のかけ方、上糸のかけ方についてです。

ミシン初心者さんにも分かりやすく丁寧に説明していきますね。

糸かけが正しく出来ていないと、目とびや糸のつれなど糸調子が狂ってしまい、綺麗なステッチにならないばかりか、針が折れたりトラブルの原因になります。
最悪なケースはミシンの故障にも繋がってしまうのです。

正しい糸かけが出来ているかどうか、この機会に是非改めて確認してポイントをおさえて下さいね。

快適で楽しいミシンの時間のためにも、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

スポンサーリンク

糸の準備

今回は私の家庭用ミシンで説明していきます。
どんなミシンをお使いでも、確認ポイントは同じですので安心して下さいね。

まずミシン糸を用意します。

おすすめのシャッペスパン糸とキングスパン糸

ミシン針、ミシン糸、ボビンは手芸屋さんで売っている有名メーカーのものを使って下さい。

この3つは直接ミシンに触れるものなので、品質が大事です。100均などで揃えたくなりますが、厳密なサイズの違いや質が悪いのが原因で、故障などのトラブルになる場合があります。

家庭用ミシンのミシン糸は出来ればシャッペスパン#60番を用意して下さい。

上糸のかけ方ポイント

【ポイント1】押さえを上げてから糸かけしましょう

押さえが下がった状態だと、外からは見えないので分かりませんが、糸が通る道が塞がれた状態になっています。
ちゃんと糸が通ってから押さえを下げて縫うことで、正確な糸調子がとれるしくみになっているのです。

しくみはよくわからなくても大丈夫。
とにかく【糸かけの時は押さえを上げる】で覚えておきましょう!

【ポイント2】糸かけの時天秤は1番上の状態にしましょう

はずみ車を手前に回す

糸は天秤といって針の上の方にある金具に引っ掛けます。

天秤が1番上にある状態で糸かけすれば、しっかりと糸が天秤にかかるしくみになっているからです。

実際に糸かけをしていきます

ポイント
1.押さえを上げる
2.天秤を1番上にする

この2つのポイントをおさえて、糸かけスタートです。

糸を糸立軸にセットし糸コマでしっかりと固定します。
糸の順番がミシンに記されていれば、そのイラストなどに従い糸かけしていきます。

最後まで糸かけが出来ました。
針穴に糸を通して上糸準備が出来ました。

ここで確認!
押さえを下げると糸にテンションがかかります。
また押さえを再び上げると糸がすーっと引き出す事ができると思います。
これが確認できれば、きちんと上糸の糸調子がとれるはずなので、綺麗なステッチにつながります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました