【額縁縫い】バイアステープ縫い方【角縫い】

ソーイングのコツ
この記事は約3分で読めます。

今回はバイアステープで角をきれいにくるむことができる
「額縁縫い」の方法をご紹介します。
角には外角(凸角)と内角(凹角)がありますので、こちらのハギレをバイアステープでくるみながら順番にご紹介していきます。

スポンサーリンク

外角(凸角)の縫い方

バイアステープを縫い進め角の所にきたら、「縫ってきた所の縫代」と「これから縫い進む所の縫代の幅」が同じ寸法になった場所で一旦縫い止めます。

バイアステープを45度の角度になるように折ります。

バイアステープを、これから縫い進む方向へ折って倒します。
この時、バイアステープの折山と、下のバイアステープの端のラインを揃えます。

バイアステープが折りたたまれている部分は縫わないように注意して、再び縫い始めます。
角の部分はすべて同じようにして縫っていきます。

角の部分は、バイアステープを起こして目打ちなどで形を整えながら裏に返します。
裏もきれいな角が出るようにバイアステープを折りこみます。
45度にスッキリと織り込むことで額縁のような綺麗な仕上がりになります。

ポイント
ゴロゴロしないように表と裏で倒す方向を変えるとすっきり収まります。

今回額縁縫いと内角を一緒に縫い進めていますので、仕上げステッチは内角縫いの後に説明しますね。

内角(凹角)の縫い方

バイアステープを縫い進め角の所にきたら、「縫ってきた所の縫代」と「これから縫い進む所の縫代の幅」が同じ寸法になった場所で一旦縫い止めます。

バイアステープをよけて本体布の角に、縫い代部分1~2ミリ手前まで切り込みを入れます。

本体布をバイアステープに対し真っ直ぐになるように開き合わせ、ミシンで縫い進めます。
写真はわかりやすいように本体布側から見た様子になっています。

角の部分は、バイアステープを起こして目打ちなどで形を整えながら裏に返します。
裏もきれいな角が出るようにバイアステープを折りこみます。
45度にスッキリと織り込むことで額縁のような綺麗な仕上がりになります。

created by Rinker
クロバー(Clover)
¥717(2020/07/10 09:42:20時点 Amazon調べ-詳細)

仕上げ

全ての角を裏側に綺麗に倒しながらまち針をとめていきます。
額縁縫いの箇所も内角もバイアステープが斜め45度にきっちりと合わさるようにしましょう。

裏側からまち針で固定します
表側はこうなっています

アイロンで押さえ、のりなどで仮止めします。

ミシンでコバステッチします。

最後に角の部分を手縫いで縫い止め完成です。

カーブや角も綺麗に縫えるようになると、色々なアイテムにバイアステープ処理が出来るようになりますね。
是非とても便利で可愛いバイアステープを上手に使いこなして下さいね。
これまでご紹介したバイアステープの記事も是非参考にして下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました