【サイズアレンジ編】使い捨てマスクカバー【裁断寸法】

ソーイングレシピ
この記事は約2分で読めます。

使い捨てマスクカバーの作り方を公開しましたが、市販の使い捨てマスクもサイズは微妙に異なります。

今回はお手持ちのマスクに合わせた、ぴったりサイズのカバーを作る裁断寸法をご紹介していきます。

スポンサーリンク

まずは基本サイズをマスターして下さい

いきなりアレンジサイズを作る前に、ご紹介したレギュラーサイズでまずは1つ作ってみて下さい
基本のレシピでまず作ることで分かることが沢山あると思います。
もちろんこのマスクカバーに限らず、どんなアイテムにも共通することだと思います。
面倒のようですがまだ作ってない方は、アレンジする前に是非先にこちらの基本サイズを作って下さいね。

基本のサイズとして下記のサイズで説明していきます。
使い捨てマスクよりもカバーの仕上がりサイズは少し大きめに(0.5~1cm)作ります。

横はカバー仕上がりが18cmの時には、両サイドの1cmの縫い代が加わり裁断サイズは横20cmになります。

縦はカバーの仕上がりが10cmの時、縦の裁断寸法はは19cm(わ)になります。

プリーツラインは生地端から6cmと8cmです。

サイズアレンジの裁断寸法の出し方

基本サイズを作ることで、アレンジのサイズの出し方がすぐに理解できると思います。

横サイズは簡単で、カバーサイズ+2cmです。

縦は10cmを基本にしています。縦10cmなら19cmで裁断します。
縦が9cmと1cm小さくする場合には18cmで裁断します。

続いてプリーツのライン位置に付いてです。
マスクカバーは上下に1cmプリーツ部分が出るようになりますが、この1cmはどのサイズも共通です。
小さいサイズは表中央のステッチの間の寸法で調整します。
下の図でいうと、Bの長さで調整します。
9cmと1cm小さくする場合は、Bの長さを1cm小さく7cmにします。

アレンジ例
ピンクで作ったマスクカバーのサイズ:横15cm×縦9cm
※使い捨てマスクのサイズは横14.5cm×縦8.5cmでした。

裁断サイズ:横17cm×縦18cm(わ)
プリーツ位置:生地端から6cmと7cm

是非お手持ちのマスクにちょうどぴったりのマスクカバーを作ってみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました