【どんでん返し】ベストの作り方【リバーシブル】

ソーイングのコツ
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

今日は前開きタイプのベストの作り方
仕上がりが綺麗などんでん返しで作るやり方をご紹介していきます。
この方法、どんなベストにも対応出来ると思います。

覚えておきたい縫う順番

基本的なベストの形の縫う順番についてイラストに書きました。

①まず表地裏地それぞれの肩を縫い合わせます。(緑部分)

肩を縫い合わせたら裏表のパーツを合わせて縫い合わせていきます。

②表裏生地を中表に合わせ、前開きからネックにかけて縫い合わせます。

③左右の袖ぐりを縫い合わせます。

次に生地内側から手を入れて表に返します。

④脇部分は裏地は裏地、表地は表地を合わせて縫います。

※この時どちらか1方の裏地部分に約8センチ程返し口を開けておきます。

⑤表裾と裏裾でベストを内側に包み込むように中表にして裾を縫い合わせます。

返し口から表に返し、返し口を閉じボタン等を付けて完成です。

縫ってみましょう

今回はネック部分が可愛いinoriベストを作っていきたいと思います。
形が先ほどのイラストと若干違いますね。
ネック周りと前合わせから裾のラインが違いますが、基本的に作り方は同じです。
上記イラストと同じ部分を順番に縫っていきます。

まず縫い代1センチで各パーツ表と裏を裁断します。

前後見頃の肩線を縫い合わせます
使用したパターンはネック部分があるのでそこも縫い合わせています。
下の写真のようにベストが肩で繋がりました。

ループなどの取り付けがある場合はここで縫い付けます。

裏表のパーツを中表に合わせて、②前開き部分からネック部分を一気に縫い合わせます
今回の型紙では前開きと裾が繋がったデザインですので、適当な位置で前開きの終わりを決めて縫います。

③左右の袖ぐりを縫い合わせます。

次に生地内側から手を入れて表に返します。
裾内側にてを入れて左右の前身頃を引き出して表に返します。

このような状態になりました

④脇部分は裏地は裏地、表地は表地を合わせて縫います。
※この時どちらか1方の裏地部分に約8センチ程返し口を開けておきます

⑤表裾と裏裾でベストを内側に包み込むようにして中表で裾を縫い合わせます。

いよいよ「どんでん返し」です。
返し口から表に返しましょう。

形を整え返し口をコの字閉じで縫い、ボタンを付けて完成です。
お疲れ様でした。

リバーシブルで使えるので、表と裏でカラーや生地を変えれば合わせやすいベストが完成します。
縫い代も見えずとても綺麗な仕上がりになるどんでん返しの縫い方で是非ベストを作ってみて下さいね。

使用生地のご紹介

今回使用したキルトニットとメルトンフリースは上質で軽くて温かなベストなどの冬アイテムにおすすめのニット生地です。
是非チェックしてみてくださいね。

リサイクルTOP杢接結キルトニット

メルトンフリース

コメント

タイトルとURLをコピーしました