【犬服作りに挑戦】うちの犬の服よりタンクトップ完成【型紙本】

ソーイング本
この記事は約2分で読めます。

昨日裁断までしていた犬服作りの続きです。
今回はいよいよミシンで縫って行きましょう。
カバーステッチミシンのバインダー処理で作っていきます。

犬服タンクトップ作り(ミシン編)

右肩をロックミシンで縫い合わせます

バインダー用のテープを準備しましょう

今回は40スパンフライスを使いました。
15ミリ仕上がりの3つ折りバインダーを使うので、指定の40ミリ幅でカットします。
長いテープを作る場合にはこちらの記事を参考にして下さい。

カットしたバインダー布をカバーステッチミシンにセットします。
詳しくはこちらの記事を参考にして下さい。

まず襟ぐりを縫います

続いて袖ぐりを縫い合わせます

左肩を縫い合わせ、片側の袖ぐりを縫い合わせます

右脇をロックミシンで縫い合わせます

裾をバインダー処理していきます

最後に左脇を縫い合わせます

バインダーテープ布はしっかりと押さえステッチし縫い止めます

犬服作りの感想

私は3つ折りバインダーの金具は15ミリを使っていますが、特に小型犬服にはもう少し幅の狭い方が縫いやすいと思います。
一度カーブで縫い落ちてしまいました。
また少しバインダー布が波を打ってしまったのでバインダーの練習も必要ですが、仕上がり幅8ミリ~10ミリくらいが犬服作りには向いていると思います。

おすすめのニット生地

犬服作りにおすすめのニット生地は天竺ニットスムースニット、またヒッコリーデニムニットがおすすめです。
バインダーテープ布は40スパンフライスがおすすめです。

生地のご購入はぜひSMILEへ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました