【マスク転売規制】ハンドメイドマスクの販売禁止も【メルカリ・ヤフオク】

ミシン
この記事は約2分で読めます。

3月10日に【マスク転売規制】 閣議決定したました。
それに伴いハンドメイドマスクの販売への影響について現在分かっていることをまとめてみました。

スポンサーリンク

マスク転売規制って?

政府は10日の閣議で、小売店で購入したマスクを取得価格より高値で転売する行為を禁じるため、国民生活安定緊急措置法の政令改正を決定しました。
つまり転売禁止のための規制です。
これは2020年3月15日から適用となり、違反者には1年以下の懲役または100万円以下の罰金を科せられます。

スポンサーリンク

ハンドメイドマスクの販売はどうなるの?

ハンドメイドマスクの販売は今回のマスク転売には当てはまりません。
ですのでハンドメイドマスクの販売で罰則や罰金などにあたることはありません。
しかし今回のマスク転売規制により、混乱を避けるという理由でフリマサイトやオークションサイトではハンドメイドなどの自作マスクを含め「マスク」の出品が全面禁止となるとのことです。

2020/03/11現在:マスクの販売禁止の主な販売サイト
ハンドメイドマスクを含む「マスク」の出品禁止
ラクマ  3月12日15時 から
メルカリ 3月13日から
ヤフオク 3月14日から

追記
ミンネ 3月15日から出品禁止となりました。

ハンドメイドマスクはどこで販売できるの?

ミンネやクリーマなどでは、使い捨てマスクの販売は行われていないため今回のマスク転売規制には影響がないと思われます。
現在ヤフオクやメルカリなどでハンドメイドマスクを販売されている方は、今後はミンネやクリーマなどのサイトを利用するといいと思います。
使い捨てマスクが買えない状況の今、ヤフオクやメルカリでハンドメイドマスクの出品も規制となり、ますますハンドメイドマスクの需要は高まると予想されます。
今後の規制に注意しながらも、ハンドメイドされる方は是非マスク不足解消に向けてマスク作りで1人でも多くの方に笑顔を届けて欲しいと思っています。

2020/03/11現在: 規制以降もハンドメイドマスク販売が継続可能なサイト
ミンネ →禁止になりました(下に追記)
クリーマ

3月12日追記

minneでも3月15日(日)よりマスクの出品が一時的に禁止と発表がありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました