【カバステを使いこなそう】縫い終わりのハギレ布はどう処理するの?【トルネィオ】

カバステ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

トルネィオでカバステした時の生地端に付いてるハギレ布、これってどう処理するんですか?

空環が出ないトルネィオの生地端処理にハギレ布を使うやり方をご紹介しました。
ではこの後の処理方法について今回は詳しく説明していきたいと思います。

カバステ後のハギレ布や糸処理の方法

カバステを終えた下の写真のような状態のサンプル生地で説明していきたいと思います。

まず今回のサンプルを袖口に見立てて左右を縫い合わせていきたいと思います。
左右の生地端を合わせます。
この時カバステのステッチラインがぴったりと合わせるようにしましょう。
この時ハギレが邪魔であればカットしてしまってもOKです。
今回は繋がったままで進めます。

カバステの糸の上を生地端から約5ミリ程度の箇所に細かくステッチで縫いとめます。
このステッチがしっかりとできていないと、繰り返しの洗濯でカバステの糸がほつれてしまいます。
細かいステッチで2往復くらいするといいと思います。

しっかりとミシンをかけたら、いよいよハギレ布をハサミで切り落とします。
この時ルーパー糸がほどけて飛び出していたら綺麗にカットしましょう。

続いてロックで本縫いし、縫い合わせます。

ここまでがカバステの生地端処理方法となります。
ついでですので、仕上げまで丁寧に説明していきますね。
まずロックの空環を引っ張りなるべく真っ直ぐにしてまとめます。
ロック裏側(縫い代を倒す方)に糸を真下に引っ張りながら細かいミシンステッチで縫いとめます。下写真の赤のステッチです。
縫い留めたら余分なロックの空環はカットしておきます。

最後に倒した縫い代が表から見えないように注意して、縫い代を倒しておさえステッチします。
縫い代が表に飛び出しやすいので(下写真赤丸箇所)、私は表側からミシンをかけるようにしています。

出来上がりました。内側の写真です。

表から見た様子です。

お疲れ様でした!
このやり方をしていて、これまでにカバステの糸がほつれてくることはありません。
少し面倒かもしれませんが、細かくミシンで縫い留めることで玉結びなどが不要となり見た目もとても綺麗です。
是非参考にして下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました